· 

【第二回】Mozuのトリックアートノートができるまで

こんにちは!

シン・エヴァンゲリオン劇場版の公開日が確定して、テンション上がりまくっているMozuです。

 

今回は前回の「【第一回】Mozuのトリックアートノートができるまで」の続きになります!

新しい動画をYouTubeに投稿しました!

前回のあらすじ

中学時代のトリックアートノート落書き
中学生の頃授業中に描いた三角定規

授業中に描いていたトリックアートが、

父のFacebookで知り合いの文具メーカーの方(以下 Tさん)の目に止まり、

「Mozuくんのトリックアートすごいからノートにして販売したらどうでしょう!」

とお声がかかり、トリックアートノートの制作が開始。

…と、これが私が中学3年生(14歳)の頃のお話です。

 

 

ん?でもトリックアートノートが販売されたのってMozuくんが高校を卒業して19歳になってからだよね?その間5年間は何してたの?」

 

 

そう、制作開始から販売まで5年もかかっているのです。それはなぜかというと


・自分の作品に自信がなかった


中学3年生の頃の私は、自分の作品をまだ世間に出しておらず

Twitterはおろかスマホを持っていませんでした)

 

「自分の作るものは誰でも作れる当たり前のもの」

 

という認識がありました。

 

 

 

つまり

 

「自分の書くトリックアートなんてそんな凄いものじゃないから商品にしても売れないのではないか」

 

という思いがあったんです。

 

 

そんな思いからノート制作に気が乗らず、Tさんとの連絡も薄くなり、

いつしか家族内で「ノートの話は無くなったんじゃないか」という話まで出てきました。


・トリックアートがオワコンに


さらに、高校生になってからはミニチュア・ジオラマ作品の制作に熱が入り、

自分の中ではトリックアートはオワコン(終わったコンテンツ)になっていました。

Mozuミニチュア作品「自分の部屋」
高校1年生の頃に制作した初めてのミニチュア作品であり、Mozuの代表作「自分の部屋」。

自分の作品に自信が無く、トリックアートにさして興味もない。そんな状態ではノートの制作が進むわけもありませんでした。


・人生を変える出来事が…


そんな時、私の人生を大きく変える出来事が起こりました。

転機が訪れたのは高校2年生の頃。

 

 

私のクラスメートがLINEにて

 

「君の作品凄いから私のTwitterで紹介してもいい?」

 

と言ってきたのです。当時の私はTwitterを全く知らなかったので、まぁ別に何も起こらないだろうと気軽にOKを出しました。

 

 

翌日。

 

 

 

その友人から

 

「凄いことになってる!!5万いいね超えたコメントが300件くらい来てるよ!!」

 

LINEが来ました。

Twitterでバズったミニチュア作品

私は、まるでピンときませんでした。

 

いいね?コメント?それ凄いのかなまぁでも友人が驚いてるから凄いのかな。)

 

くらいの気持ちでした。

 

 

事の重大性に気がついたのは翌日のことでした。

 

 

テレビ局から「Twitterで話題のジオラマを取材したい。」

と電話がきたのです!それも2件。

 

 

その翌日には家に取材が入り、次の日には放送。

そしてたくさんの方からお褒めの言葉をいただき、ようやく「もしかして凄いのかも」という自身が出てきたのでした。

ここから積極的に作品を公開するようになったのはいいのですが、ますますミニチュア制作に力が入り、トリックアートノートの計画は完全に忘れ去ることとなるのでした。

 

これが高校2年生の頃のお話です。


・トリックアートが驚異の◯◯万いいね超え!


その後もジオラマ作品やコマ撮りアニメを発表し、高校も卒業して18歳になった頃。

 

久しぶりにトリックアートを描いてみようと思いました。

 

 

題材は、もちろん昔に描いて楽しかった三角定規。

 

美術系の高校を卒業して画力も上がっていたので、昔描いた三角定規とセットでTwitterに投稿しました。

 

これも、そんなに反応は無いだろうと思っていたのですが

バズったトリックアート「三角定規」

なんと、翌日起きたら24万いいね超え。

Twitterで三角定規投稿し24万いいね超え

バズると心ないコメントが目立つのがTwitterなので、500件以上あるコメントを見るのが怖く、朝布団の中で震えていたのを覚えています。

 

 

 

 

しかし、思い切って見てみると

 

「凄い!」「本物にしか見えない!」「他の作品も見たい!」

 

などのポジティブな意見ばかりで、胸がいっぱいになりました。


これは昔話が出たトリックアートノートを作る絶好のチャンスなのではと思い、再び文具メーカーの方に声をかけてトリックアートノート製品化のクラウドファンディングがスタートしました。

クラウドファンディングにて支援者を募集 クラウドファンディング成功

そして、Tさんの地道なPRや記事の制作の甲斐もあり、最終的には600%超えの支援金300万円を頂き、販売に至ったのでした。

実物は現在も販売中ですので、自分で楽しむのはもちろん、おみやげ・話題作り用にどんどんご購入してください!


・しかし、ここからが本番なのです…!


ここまでお付き合いありがとうございました。

 

そして次回は、このノートが延べ3万部を突破する大ヒット商品となった、あるキッカケをご紹介致します。

お楽しみに〜!

 

 

次回【最終回】Mozuのトリックアートノートができるまで

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ゴロー (日曜日, 21 7月 2019 20:27)

    自分にしか出来ないものを、そうじゃないんだよと気づくまでの全ての人に感謝(*^^*)MOZU君に出会えたファンの1人として貴方の今はTwitterには居ないツイデビュー&バズらせてくれたお友達のツイ友として、見ていてくれますようにと七夕過ぎの願いにて。

  • #2

    まり (日曜日, 21 7月 2019 21:47)

    懐かしいです。
    たまたま熱で会社を休んだ時に病院のテレビで番組を見ました。
    あまりのリアルさにテレビの画面をスマホで撮って、家で検索しましたよ。
    出会わせてくれたお友達に感謝しています。
    この才能がホントに埋もれなくて良かった。